今が売り時?コロナ禍の不動産売却

らくだ不動産の村田です。

実は今が家の売り時ということをご存知でしょうか?

なぜ、今が売り時かというと、市場に売りに出ている物件が少ないにも関わらず、買いたい方が多いので、一つの物件に買い手が集中し、その結果、価格が上昇しているからです。(高くても売れてしまう状況、もちろんエリアにもよります)


公益財団法人東日本不動産流通機構が発表した2020年12月度のレポートによると

※以下、首都圏のデータ
【中古マンション】
新規登録件数 12,125件(前年比マイナス18.5%)
在庫件数 38,173件(前年比マイナス18.9%)
【中古戸建】
新規登録件数 4,188件(前年比マイナス23.6%)
在庫件数 17,921件(前年比マイナス 21.3%)


このような結果になりました。

新規の売却登録件数が前年から大幅に減少しており、在庫もどんどん少なくなっている状況です。


2021年に入ってから緊急事態宣言が発令されましたが、上記傾向に変化はなく、売却物件は少ない中で、買いたい方が多い流れは、2021年も同じ状況です。売却をお考えの方がいれば、今がまさしくその時だと数字からも判断ができます。


【今すぐ査定依頼をする】

不動産売却においては、売り出す時期がとても大切です。

なぜならば、買いたい方は条件に見合う物件を比較したときに、その中から一番良い物を選びたいからです。

つまり、物件数が少なければ少ないほど、買い手の目に留まる、買いたいと思われる確率も上がります。
売りたい、売ってみようかな・・・とお考えの方は、是非、この高く売れる時期を逃さない方が良いと思います。


今回は、不動産売却をするには一番良いタイミングである とお伝えしましたが、もちろん、お客様の状況によっては違う場合もあるでしょう。(売らなくて良い場合もあります)
らくだ不動産では無理なアプローチはいたしません。お客様の状況に応じた適切なアドバイスをいたします。


不動産売却は成約するまで費用はかかりませんので、相談していただくことでお客様にデメリットは発生しません。是非一度、このタイミングでお早めにご相談ください。


皆さまからのご相談をお待ちしております。
お問い合わせはこちら