事例一覧へ
セカンドオピニオン

押しの強い営業マンに不信感。購入判断を中立的な立場での総合アドバイスさせていただいた事例

担当:鈴木 担当:鈴木
2021年8月
完了

杉並区中古戸建

先日内見した物件の仲介会社から強めに勧められている物件があり、そのまま購入してしまって問題ないかのご相談をいただきました。

サポート内容

まずは、お客さまにご安心いただけるように以下についてお話をさせていただきました。

・不動産仲介業務の仕組み、全体像の解説
・上記を踏まえた上での、営業マンの発言の理由・意図など

その上で、契約書重要事項説明書について問題がないか十分に確認をし、現在の仲介会社とのやり取り上でのアドバイスもさせていただき、最終的に腑に落ちた取引ができたようです。

ご利用後のお客様からのメッセージ

不動産の購入までの流れ、仲介会社担当者の意図するものなど、自分が知らない業界の構造を理解することができました。契約書や契約書重要事項説明書の重要性も理解できて、セカンドオピニオンを利用して本当に良かったです!有難うございました。


エージェントからの一言

不動産の仲介会社は成約時にお客様から頂戴する仲介手数料が売上になります。
契約をしないと売上を計上できないため、なんとか契約をしてもらえるように押しが強かったりごまかしたりする担当者が一定数でてきてしまいます。
今回のご依頼者様はそのような担当者に当たってしまったのか、仲介会社担当者より不動産購入について説明が不足しているところが多く、弊社セカンドオピニオンサービスで補足をさせていただきました。

事例一覧へ

先月は33件
ご相談お受けしました!

無料相談はこちら無料相談はこちら